保険会社との交渉について - 交通事故対応マニュアル

保険会社との交渉について

保険会社との交渉について

保険会社との交渉には、大きく分けて2つのタイプがあります。
1つは、自分が契約している保険会社に交渉してもらう方法、もう1つは自分で保険会社と交渉する方法です。

まず1つ目の「保険会社に交渉してもらう」というタイプの交渉ですが、これは個人が交渉の場に出るのではなく、交通事故対応のプロである「保険会社」同士で交渉をまとめるという方法になります。
交通事故に関する交渉を個人がやるのは難しい上、当事者が交渉の場に出ると感情的になりやすく、交渉がまとまりにくいというデメリットがあります。
その点、交通事故対応のプロであり、その事故に関する当事者でもない「保険会社」同士で交渉をした方が、話がまとまりやすいのです。
このような利点があるため、保険会社との交渉ではよく使われる方法です。
この方法が使えるときは、ぜひ積極的にご利用ください。

保険会社に交渉してもらえないときや、契約している保険会社がない場合は、自分で保険会社と交渉することになります。
これがもう1つのタイプになるわけですね。
この場合、交渉相手となる保険会社は、交通事故対応のプロであり、知識も経験も豊富です。
何の準備もナシに交渉の場に出向いても、うまく主張ができず、思うような成果を上げられないことが多いです。

このケースで一番オススメなのは、弁護士を頼むことです。
交通事故の示談等を話し合うときは、弁護士に頼むのが法的にも正解です。
実際に交渉することを考えても、自分で交渉するよりは弁護士にやってもらった方が確実です。
もし自分で保険会社と交渉するときには、ぜひ弁護士をご利用ください。

関連トピックス

交通事故慰謝料 弁護士基準と保険会社基準